♂♀生き残りゲーム3巻のネタバレあらすじ

LINEで送る
Pocket


キヨに会ってみたら、
やはり妙子の気持ちは。。

sp

♂♀生き残りゲーム3巻


⇒ ♂♀生き残りゲーム3巻の感想・レビュー

登場人物

大学で同級生だった
妙子、キヨ、のん、亮

のんと亮は結婚し、
キヨと妙子は
男と女ながら
親友になっています。

妙子の今彼の
幼稚園の先生の紺太先生

妙子の同僚のゆうこ、
ゆうこの甥のゆういち

#17 気持ちリバウンド

家へ帰る途中、
キヨとの楽しかった
時間を思い出す妙子。

紺太先生にされているように
優しくされるのは
自分には向いてなくて、
違和感みたいなものは
これだったのかと思います。

あんなに揺れないと
覚悟したにもかかわらず、
気持ちがリバウンドして、
やはりキヨが好きだと
認めざるをえません。



こっちにきて2年、
こんなにどきどきしたのは
初めてで、キヨが
自分を好きではなかろうと、
自分はキヨなしでは
息もできなかったことに
妙子は開眼します。



自覚してしまっては
紺太先生とは
これ以上一緒には
いられないと思う妙子。

紺太先生にどう話すか、
なんと謝るか悩みます。

紺太先生は、
明るくて優しくて
いつも正しくて
かっこよくて寛容で、
そんな完璧な人がなぜ
自分を選んでくれたのかと
思っていると
生きている意味まで
見失いそうになる妙子。

sp


真夜中ですが、
のんに電話を入れて、
やっぱりキヨが好きだと
相談します。

そんなことは
大学の時から
知っているというのん。

また妙子だけが
わかっていなかった
パターンです。

キヨががんばって
妙子に恋心を
自覚させるまで
のんはキヨを認めないと
決めていたのです。



これから帰って、
紺太先生になんと
謝ればいいか
のんにきく妙子。

1週間のお試し同棲と
きいていたので、
まだ妙子が紺太先生と
一緒に暮らしていている
妙子に驚くのん。



妙子が紺太先生の
いいなりだというのんに、
妙子は、紺太先生は
ゆっくり考えて
決めたらいい、
返事は待つと言ったと
言い訳します。

「待つ」なんていって、
時間がたてば
待たせたほうが負い目になり、
OKするしかなくなるのだと
諭すのん。

付き合うことも、
一緒に暮らすことも、
男友達に会うのも、
全部紺太先生が
誘導したことだと
のんに言われて、
初めて妙子は
疑問を感じ始めます。



妙子が幸せだと
言っていたから
口出しせずにいたが、
キヨを選ぶならと、
のんが自分の
感じていることを
打ち明け始めます。

紺太先生って
なんだかおかしいと
言い出すのん。

妙子とキヨを
あわせるように
のんにメールを
してきた紺太先生に、
のんは、意味がわからず、
キヨと妙子の関係を
腹黒モードで詳しく
話しました。

それで普通なら
考え直す流れに
なるはずなのを、
紺太先生は、やっぱり
二人を会わせてやってと
言ってきたのです。

紺太先生と
会話がかみ合わず、
ニコニコして頼んできて
気味が悪かったというのん。


⇒ ♂♀生き残りゲーム3巻(無料の試し読み・立ち読みあり)

私はコミックシーモアの定額読み放題
お得な価格で思う存分読んでいます^^
⇒ コミックシーモア

⇒ ネタバレあらすじの続きを読む

♂♀生き残りゲームの
すべての情報をまとめています。
⇒ ♂♀生き残りゲームトップページへ

sp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加