永久指名おねがいします!5巻のネタバレあらすじ

LINEで送る
Pocket


築の策で、蓮次との
仲がぎくしゃくして
しまっている十和子は
蓮次のそばから
逃げ出してしまいます。。

sp

第31話「ご指名31:トモダチとカノジョ」

自分は元引きこもりで、
蓮次の彼女というのは
演技だったと
築に告白する十和子。

築は、引きこもりの
十和子の状況を
かつて孤立していた
自分に重ねて
蓮次が哀れんで
いたのかと
思い至ります。



築と十和子は
お互いに蓮次に
片思いなのだと思い、
怜が相手では
しょうがないと
十和子を慰めはじめます。

ところが十和子は、
自分がショックだったのは
そこではないと感じます。



蓮次と、お父さんや
お姉さんとの
事情を知らず、
家へ帰るように
後押ししながら
身勝手な行動を
取ってしまった
自分を責める十和子。

蓮次の元へ戻り、
彼女のフリを
演じ続けることにします。



自分の事を
軽蔑したのでは
ないかという蓮次に
十和子は、故郷へ
帰ってきた本当の
理由を訊ねます。

蓮次は、家族に
戻りたかったのだと
答えます。

sp


第32話「ご指名32:宝物の日」

家族に戻りたいと
思えるようになったのは
十和子のおかげだと言う
蓮次ですが、
そのときちょうど
お祭りの花火が打ちあがり、
そちらに気を取られた
十和子の耳には
届きませんでした。

辛気臭い話しはもうやめて
お祭りを楽しもうと
もちかける蓮次。

そんな二人を
ひょっとこのお面をつけた
怪しい人影が窺っています。



楽しい思いをたくさんして、
今日のお祭りのことは
一生の宝だという十和子。

蓮次も今日のことは
忘れないといいます。

十和子といると
いままでのことが
どうでもよくなる・・と、
十和子を上向かせて
蓮次がキスしようと
しているところに
物陰から音がします。

十和子がひょっとこの
お面の人影をみつけ、
それが、病院から
抜け出した蓮次の
お父さんだと見抜き、
逃げるお父さんを
つかまえます。



両親を事故で
失ってしまった
十和子は
些細なことで
悪態をついて、
それが両親との
最後の会話に
なってしまいました。

直接会って想いを
伝えられることは
奇跡のようなものだと、
蓮次とお父さんに
話をするように促します。



蓮次は、お父さんの顔を
見ると苛つくと言って
家をでたのですが、
それは八つ当たりで
本心ではなかったと
謝ります。

お父さんも、
自分の風貌のせいで
蓮次に肩身の狭い
思いをさせて
しまったことを
謝ります。

蓮次は、お父さんの事を
誇りに思っていることを
話し、親子のわだかまりが
解けます。



第33話「ご指名33:家族にもどろう」

十和子は、蓮次が
キスしようとしたのは、
お父さんがいると
わかった上での
演技だったのだと
思い至ります。

一家揃って家に戻り、
家族団らんの時を過ごし、
十和子は蓮次の
家族に対する表情が
柔らかくなった気がして、
こんな自分でも
少しは蓮次の役に
立てたかもと
思えています。



庭で酔いを
醒ましている怜に、
蓮次が、家を出たままで
言わずにいた
結婚のお祝いを言います。

お父さんとの確執や
お姉さんへの気持ちに
決着をつけた蓮次。

蓮次は今、どんなに辛い
気持ちだろうと思いつつ、
十和子はどこか、
ほっとしています。



十和子と蓮次を
見送りにきている
蓮次の一家と築。

早く十和子と結婚して
戻って来いという
お母さんに、蓮次は、
自分は店を継ぐ気は
ないと言い、怜の婿の
泰良に家を託します。



電車に乗り込むと、
すっかり気が抜けて
座席にへたりこむ十和子。

ちゃんと彼女のフリが
できていたかどうか
蓮次に訊ねます。

蓮次は、もうフリは
やめようと言い、
それに同意する十和子。

すると蓮次は
十和子にキスを
するのでした。

昨日は邪魔が
入ったからという蓮次に
十和子は呆然です。


⇒ 永久指名おねがいします!5巻
(無料の試し読み・立ち読みあり)



私はコミックシーモアの定額読み放題
お得な価格で思う存分読んでいます^^
⇒ コミックシーモア


永久指名おねがいします!の
すべての情報をまとめています。
⇒ 永久指名おねがいします!トップページへ

sp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加